サッカーしてなくても楽しめる!サッカー漫画10選

漫画紹介

2018年ワールドカップも終わり

ワールドカップをきっかけにサッカーの面白さに目覚めた人も多いのではないでしょうか?

ここではサッカー好きな人はもちろんのこと、

あんまりサッカーには詳しくないな、、、

という人も楽しめるサッカー漫画をご紹介します。

できるだけジャンル違いのサッカー漫画を集めてみました!

1/11 (著)中村 尚儁

自分の才能に限界を感じ、中学卒業と共にサッカーを辞めた安藤ソラ。しかし、女子日本代表・若宮四季との出会いが、心の奥底に眠っていた何かを衝き動かした――。清新な筆致で描かれる、ソラを巡る様々な人間模様――
引用元:amazon.co.jp

この漫画はいわゆる「サッカー選手」に焦点を当てたものでなく、

そのまわりの人々、

例えばマネージャーや選手の親、結婚相手、そしてその親などの視点でサッカーが描かれています。

もちろんソラの周りのチームメイトの背景やサッカーへの思いも掘り下げられています。

様々な人生を歩む人たちがサッカーをきっかけに引き合っており、

サッカーをしたことがない人も感情移入がしやすい漫画だと思います。

ソラの結婚の場面では、サッカー選手との結婚を心配する相手の親の愛情を感じました。

サッカー漫画というより、サッカーのある人生を描いた漫画です。

さよなら私のクラマー(著)新川直司

中学時代輝くことなく終わったウイング、周防(すおう)すみれは、ライバルである曽志崎緑(そしざき・みどり)から誘いを受ける。「一緒のチームに行こうよ、一人になんてさせないから」。そんな真摯な言葉に、周防が出した答えは……。たくさんの個性豊かな選手が集まり、今物語の幕が開く!!
引用元:amazon.co.jp

著者の新川直司さんといえば四月は君の嘘という音楽を題材とした漫画が有名です。

この漫画では高校の女子サッカー部が舞台にになっています。

男子サッカーに比べて環境が整っていない女子サッカーですが。

選手たちはそんなことお構いなしに、ひたむきにプレーをして成長していきます。

そして女子サッカーにかかわる監督やコーチの立場での

責任や葛藤なども描かれており、子供にかかわる大人という立場で読んでも面白いです。

登場人物がとても個性的でいきいきしています。

アオアシ(著)小林有吾

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」の
ユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、
東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、
ここから急速に回り始める!!
引用元:amazon.co.jp

中学や高校でサッカーとなると部活動でのサッカーが多いと思います。

しかしこの漫画ではJリーグの下部組織であるユースでのサッカーに焦点を当てています。

将来はプロでの活躍が期待されるユースでは徹底的なサッカーへの英才教育が行われており、

環境も整っています。

この漫画ではサッカー戦術への丁寧な描写があり、その奥深さを知ることが出来ます。

ちなみに私も中学・高校とサッカーをしてきましたが、

この漫画を読んで、サッカーはこんなにも頭をつかうスポーツだったのか、と脱帽しました。

またユースは選手の育成に力を注いでおり、

指導者も重要な位置づけになっています。

選手の良さを殺さずに、うまく引き出して伸ばしていく。

指導者がどのようなメッセージで選手を導いていくのかも見どころです。

取材・原案協力の上野直彦さんはスポーツライターで

ユースのリアルを描いてくれているのかと思います。

サッカーの見方が変わるので、サッカーをやってる人には是非とも読んでほしいです!

GOLDEN★AGE (著)寒川一之

羽田小波は、雑誌モデルもこなすかもめ中の1年生。ある日、彼女はナンパ目的の高校生6人にからまれるが、そこにタイミング良く同級生の唯、浦田、ナリアの3人が通りかかった。助けを求められた唯は、高校生たちがサッカー部員と分かると「ケンカじゃ勝てないけど、サッカーなら勝負できる」と強気の発言をする。実はサッカー部員ですらない唯たちだが、果たして勝負は…?
引用元:amazon.co.jp

作品の題名になっているゴールデンエージというのは9歳~12歳位を指します。

この期間はいわゆる「運動センス」を最も磨ける時期であり、

それ以降の努力ではなかなか取り戻すことが難しい時期です。

例えば成人した人が、まったくサッカーをやったことがない状態から

小さいころからサッカーをしてきた人に追いつくのは難しいと思います。

この漫画では、わけあってゴールデンエージの大部分をサッカーをせず過ごした

主人公の近江がゴールデンエージを取り戻すため奮闘する姿が描かれています。

また、もう一人の主人公の白川唯はチームメイトの力を引き出すことに長けており

個々の技術差をチームワークで埋めていくのも見どころです。

GIANT KILLING(著)ツジトモ、綱本将也

本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる! 達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)!! 東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督に就任した達海が、意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーをくれる! 『U-31』原作者と俊英がタッグを組んだ、これがフットボール漫画の新スタンダード!!
引用元:amazon.co.jp

プロサッカーチームの監督が主人公の漫画です!

プロクラブの運営側の側面、

たとえば、所属している選手の代表選抜や、スポンサーとの関係構築なども描かれており、

テレビで見ているサッカーがより身近に感じます。

そして、わりと登場することが多いのがチームのスポンサー!

スポンサー目線で選手を応援するシーンも多く、

読むと地元のサッカーチームを応援しに行きたくなります!

サポルト!木更津女子サポ応援記(著)高田桂

“ゴール裏”を舞台に描かれる、サポーター達の熱き物語!!
寂れた駅前、荒ぶるDQN…冴えない地元が好きになれない女子高生
室町花子はある日、ひょんなことからクラスの問題児・佐橋風夏に自転車ごと連れ去られる。
辿り着いた先は…サッカースタジアム!?
引用元:amazon.co.jp

こちらはサッカークラブのサポーターが主人公の漫画です。

風夏の誘いでサッカーの応援の魅力にはまっていく花子。

応援する楽しさや一体感、応援される側の気持ち。

サポーター活動を通して様々ことを経験します。

部活動でサッカーをしていた人も、大会で勝ち上がらないと

なかなか応援してもらう経験がない人も少ないと思います。

私もサッカーをしていましたが、応援は学校の球技大会くらいでした笑

GIANT KILLINGもですが、読むとサッカーを応援しに行きたくなります!

ゴール裏からサッカーを見たことがあるでしょうか?

海外では女性が一人ではいけないくらい危険なようです。

得点の瞬間は、周りの人がみんな立つので前が見えなくなります!

そして見ず知らずの横の人に抱き着くくらい盛り上がります!笑

というような興奮が漫画から伝わってきます!

DAYS(著)安田剛志

少年たちは全力で、笑い、泣き、走る!! 心をジンジン刺激する! 激熱サッカー漫画!! ――何のとりえもない、特技もない。けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本(つかもと)つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣(かざま・じん)。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!
引用元:amazon.co.jp

こちらは高校サッカーの部活動をテーマにした漫画です。

高校サッカーを取り扱っている漫画は数多いです

この漫画はその中でも、サッカーのテクニックや戦術といった部分に比べ

主人公の心根の優しさや、チームメイトとの関わりに大きく焦点が当てられています。

読んでいて心を揺さぶられる描写が多かったです。

サッカーは相手だけでなく同じチームメイトでもポジションの奪い合いがあり、

優しい人は向かないと思うかもしれませんが。

この漫画の主人公の柄本つくしは多くの人に好かれ、応援されます。

困難なことも多いですが、柄本つくしの生き方に憧れる人も多いと思います。

フットボールネーション (著)大武 ユキ

日本をサッカー先進国に!天皇杯を狙うアマの挑戦!
サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」・・・ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた緒形だったが、そのチームとは別に、ある才能に出会う!(略)
また、「東京クルセイド」監督が求める「脚のきれいな選手~」の真意とは!?
(科学指導:高岡英夫〈運動科学総合研究所〉)
引用元:amazon.co.jp

アマチュアサッカーを題材とした漫画です。

サッカーを筋肉の側面からとらえているのが新しい漫画です!

サッカー部の人で雨の日は筋トレをした人も多いのではないでしょうか?

しかし、その筋トレはサッカーに効果的な筋トレになっていたのでしょうか?

この漫画では筋肉の「質」のパフォーマンスへの影響についても詳しく解説しており、

読了後は筋トレの仕方を改善したくなります!

アウターマッスルだけでなくインナーマッスルも重要!

欧州選手と日本選手の体格の違いとは?

ホイッスル(著)樋口大輔

サッカーの名門校武蔵森学園で3軍だった風祭将は、サッカーを続けるために桜上水中に転校する。武蔵森レギュラーと誤解され、大ハジをかいた将。夢を諦めないために、一人猛練習を開始する!!
引用元:amazon.co.jp

この漫画の影響でサッカーを始めました!

という人も多いのではないでしょうか。

登場人物が中学生とは思えないイケメンぞろいですが、

ストーリーはとても読みごたえがあります。

登場人物は様々な境遇でサッカーをしており、

困難を乗り越えて成長していきます。

それぞれの葛藤の中でどのようにサッカーに向き合うのか?

がテーマになっているように思います。

キャプテン翼(著)高橋陽一

サッカーボールを友達に育った少年、大空翼は小学6年生。南葛小に転校してきた翼は、修哲小の天才GK・若林源三と出会う。翼は若林に勝負を挑むが、決着は両校の対抗戦でつける事に!!

言わずと知れた元祖サッカー漫画。

この漫画をよんでよみうりランド(全国小学校サッカー大会の会場)を目指した方も多いのではないでしょうか?

生まれてからずっとサッカーボールと過ごし、

交通事故の時もサッカーボールがクッションとなり助かったという大空翼。

「ボールは友達」を合言葉に、

SSGK(スパーグレードゴールキーパー)の若林源三、岬太郎とともに全国制覇を目指します。

連載開始は1981年で当時の日本ではサッカーは今とは違いマイナースポーツでした、

その後1991年にJリーグが発足し徐々に注目を集めていきます。

キャプテン翼はその先駆けとなるようにサッカーの魅力を多くの人に伝える役目を果たしました。

スーパープレーやスパーシュートが出てきますが、大人が読んでも面白い内容になっています。

まとめ

サッカーをしていない人でも楽しめる漫画ということで10作品を紹介させていただきました。

サッカー漫画は数多くありますが、

昔と最近で漫画の流行も変わってきているように感じます。

昔の漫画はキャプテン翼のようにサッカーそのものや選手の成長を描いたものが多かったですが、

最近のものは「GIANT KILLING」や「サポルト!」、「1/11」のように

サッカー選手以外を物語の中心に据えた漫画も増えてきたように思います!

下記に主人公の年代×物語の視点で漫画をざっくり分類してみた感じです。

いろんな視点からサッカーが描かれているなぁと思います。

たくさんあるサッカー漫画のうちほんの一部しかご紹介できなかったので、

また漫画読書会で面白そうなサッカー漫画を教えていただけますと幸いです!

東京漫画読書会とは

東京漫画読書会は平日の19時半から品川で開催しております。
是非とも一度好きな漫画とともにご参加ください。

こんな人におすすめ

 ・漫画が好きな方
 ・面白い漫画が知りたい方
 ・プレゼン力を磨きたい方
 ・コミュニケーション力を磨きたい方
 ・会社外の人と接する機会が欲しい方
 ・大人数が苦手な方

コメント