残業で苦しむあなたに!マンガでわかるエッセンシャル思考

漫画紹介

最近はビジネス書を漫画化したものが多く発売されており、

本を読む人以外も学びやすくなってきています!

今回はそんな漫画版ビジネス書から

「漫画でわかるエッセンシャル思考」をご紹介したいと思います。

管理人
管理人

こんな人におススメ
・仕事がなかなか終わらない
・大切なことに取り組む時間がとれない
・頼まれたことが断れない
・仕事の優先順位が決めにくい
・モチベーションが長続きしない

あらすじ

最少の時間で成果を最大にする方法が
マンガでわかる!

Apple、Google、Facebook、Twitterの
アドバイザーを務める著者の
99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは!?

小学校の教師になった主人公・貴代は、
頼まれた仕事をすぐに引き受けるまじめながんばり屋。
周囲の期待に応えて4年目にして学年主任に抜擢されるも、
優秀な人ほど陥りがちな「成功のパラドックス」にはまる。
そんなときに、幼なじみの前沢 塁に再会し、
「99%の無駄を捨て1%に集中する方法」について聞かされる。
そして貴代は、エッセンシャル思考を自分のものにしながら、
最少の時間で成果を最大化できるように。

エッセンシャル思考が目指す生き方は、
「より少なく、しかしより良く」。

すでに『エッセンシャル思考』を読んでいる人も、
はじめて『エッセンシャル思考』を読む人も
人生を自分の手に取り戻せる1冊です。
引用元:amazon.co.jp

小学校の先生の田辺は先輩からの頼みごとや日々の業務の多さから、

余裕がない毎日を過ごしていました。

同級生で外資系コンサルの前沢からエッセンシャル思考を学ぶことで、

大切なことに集中できるようになり、

業務を改善し、クラスをうまくまとめられるようになっていきます。

エッセンシャル思考とは

1%の大切なことに集中するために99%のやらないことを決める思考のことを指します。

かなり極端な考えですが、このような思考を実践することで、
より本質的な問題に取り組みやすくなり、目標を達成しやすくなります。

エッセンシャル思考ができていないと

エッセンシャル思考が身についていないと、

・瑣末なことに時間や気力を奪われて、やるべきことができない

・その結果残業が増える

・常に何かに追われていて余裕がない

などなど。

時間も気力も有限なのでやることを決めるのも大切ですが、

やらないことを決めることのはもっと大切です。

まじめで一生懸命な人ほど陥りがちですが、

全部やろうとすると、結局自分にとって大切なことが出来なくなってしまいます。

エッセンシャル思考を実践するための3つの技術

エッセンシャル思考は下記3つの技術を身につけることで実践できます。

①見極める技術

目標を達成するために問題の本質を見極める技術

エッセンシャル思考を実践しようとすると、

意識しないと、周りの人から今までのやり方に引き戻されてしまいます。

既存の方針、価値観にとらわれず本質を見極める必要があります。

②捨てる技術

本質の1%に集中するために、99%をやらない技術

ただやらないといっても適切な方法で周りの人に接しないと、

逆に角が立って効率が下がることがあるので注意が必要です。

③仕組化する技術

上の2つの技術を考えなくてもできる=習慣までおとしこむ技術

習慣まで落とし込まないと、

やる気があるときはできる!

けど、

やる気がなくなるとできない、、、

となってしまい、継続できず目標を達成することが出来ません。

 

やるべきことのために、やらないことを決め、うまく断る!

そしてそれを無理なくできる環境を整えることで目標を達成することができます。

大切なことを見極めるための3つの真実

エッセンシャル思考を実践するときは。

大切なことを見極めることが必要になってきます。

このときに役立つのが、次の3つの真実です。

①「やらなくては」ではなく、「やると決める」

重要でないのにまわりから無理やりやらされていることも多いと思います。

本書でも「90点ルール」というのものが紹介されています。

これは最重要基準に照らし合わせて、選択肢を評価して90点以下のものはやらないこと決める。

というルールです。

このような基準を設けることで、より本質的な選択に集中できます。

②「どれも大事」ではなく、「大事なものはめったにない」

「しないといけない」と思っていたことをやらなくなっても、

意外と影響がなかったりします。

2:8の法則のように20%の重要な事柄が結果の80%を決めます。

エッセンシャル思考ではさらに20%を1%まで絞り込みます。

③「全部できる」ではなく、「なんでもできるが。全部はやらない」

「やらないことを決める」というのは人によっては「さぼる」、「手を抜く」

というように感じるかもしれません。

実際には、それ以上に結果に大きな影響を与える事柄を

それまで以上の質で行うことにつながります。

そのための「全部はやらない」です。

効果的な断り方

エッセンシャル思考を実践しようとしたときにおそらく一番困るのは
頼まれた仕事を断る場面だと思います。

今まで頼まれてすぐにやっていた仕事をいきなり断ると角が立ち
働き辛くなると思います。
そのようなときにどのようにしたら、比較的問題が少なく断れるかも記載しております。

黙る

不愛想に黙っていると、喧嘩売っているように見えるので、

困った顔をして黙っているとよいと思います。

普通の上司は何かあるのかな?と都合を聞いてくれます。

代替案を提案する

これがあると意見を通しやすいと思います。

上司が相手がどんな立場で、なぜそのお願いをしているかを考慮して、

代替案を出してあげると喜ばれると思います。

例えば

「送別会のための居酒屋を探しといて。」といわれたら、

「○○さんが居酒屋に詳しいので、いいお店を知っていると思いますよ」

とか、

「居酒屋でなく会社のホールでやるとかどうでしょう?

そのほうがみんな家に近いし、騒げるし、安く抑えることもできます」

のような感じで代替案のほうがメリットありますよ!

と伝えることで相手にも感謝されます。

優先順位を確認する

これも相手が納得しやすいです。

例えば

「この資料を作ってください。」とお願いされたときに

「今週中にAの資料を作らないといけないのですが、どちらを優先したほうがよろしいでしょうか」

といったように、現状を説明して相手に判断をゆだねます。

相手を立てるので角も立ちにくいです。

継続は力なり!モチベーションの保ち方

この本では大切な1%に集中するだけでなく、そこから目標を達成するまでを重視しています。

そのために仕組み化をして継続的に大切なことに取り組める環境を整えていきます。

ここでポイントとなるのは継続することです。

継続のためにはモチベーションのケアが重要になります。

モチベーションを保つためにこの本の中で紹介されているのは

「小さな一歩を積み重ねること」です。

これは実体験からもかなり有効だと思います。

目標に向かってチャレンジをスタートした時、

すぐに結果がでないことも多いと思います。

結果が出たら、周りも応援してくれて、ますます頑張れる!

しかし、実際は思った通りの効果が出ずにモチベーションが上がらず、

どんどんやる気がそがれていく。

そんなときに小さな成功を確認することで、モチベーションを維持することができます。

例えば、私も筋トレをしているときに

「重いのがなかなか上げられない」ってなっても、、、

「先週よりも余裕がある!」

「始めたころより、下まで下げられるようになった!」

「てか筋トレ嫌いだったのに、毎週来ているのがすごい」

みたいな感じで小さくても自分が成長していることを見つけるのは、

モチベーションにつながります。

できないところを見つけて、改善するのも大事ですが、

悪いところに注目して継続できないなら、

少しでも自分が成長しているところに目を向けると良いと思います。

まとめ

忙しくて思うように仕事が進まない。時間通りにプランを進められない。

そういった方に是非ともお勧めしたい内容でした。

漫画で描かれているので、なかなか時間が取れないという方も短時間で読むことが出来ます。

社会人になると仕事、家庭、遊び、勉強、など様々なことを両立する必要があると思います。

自分の時間を確保するためにも、

やらないことを決める勇気がますます大切になってきます。

 

管理人
管理人

来た球を全部打つ!でなく
選球眼を身に着けるのも大事!

エッセンシャル思考が身につくと

価値観が明確になり、

人生で何を大切にしたいかも見えてきます。

 

東京漫画読書会とは?

東京漫画読書会は平日の19時半から品川で開催しております。

是非とも一度好きな漫画とともにご参加ください。

こんな人におすすめ

 ・漫画が好きな方
 ・プレゼン力を磨きたい方
 ・コミュニケーション力を磨きたい方
 ・会社外の人と接する機会が欲しい方
 ・大人数が苦手な方
 ・面白い漫画が知りたい方

詳しくはコチラ

コメント