「英会話」のための英語学習! 会話に必要なのはたった350語?

英語

新年になり今年は英語学習に取り組もうと考えている人も多いと思います。

継続が難しいものとして、ダイエットと並び称される英語学習。

TOEICや留学など、目的によって勉強方法が異なると思いますが、

今回は「英会話」に絞った勉強方法について

「海外ドラマはたった350の単語でできている」ご紹介してみたいと思います。

Amazon Unlimitedの読み放題で読むことも出来ます。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・英語でコミュニケーションを撮る機会がある人
・英語が苦手な人
・英語の勉強でどこから手を付けていいかわからない人
・英語学習が継続できなかった人

あらすじ

【目次】
【Chapter1】本当に必要な英単語は350個!?
【Chapter1.5】品詞別!『SATC』頻出単語
【Chapter2】正しい英会話学習法目指すべきゴールとは?
【Chapter3】短期間でスピーキング力をレベルアップ!
【Chapter4】100%リスニングを身につける方法
【特別付録】練習問題
引用元:amazon.com

海外出張の機会があり、

英語勉強の方法を整理するために読んだのですが、

学習方法が体系的にまとめられており、とてもためになりました。

英語学習に苦労した経験がある人には、是非とも読んで欲しい内容です。

そもそも中学校から6年~10年英語を学習しているにも関わらず、

会話が苦手という人が非常に多いかと思います。

これはなぜでしょう?

おそらく下記のような理由で苦手な人も多いのではないでしょうか?

①受験勉強で読む、書くの勉強に集中してきたため。話す、聞くが苦手。

②文法を重視しすぎていて完璧な英語にこだわってしまう。

私も初めて海外旅行でベトナムに言った時、

現地の人に比べて自分が英語を話せずに恥ずかしい思いをしました。

日本人の読解力、文法のレベルは高いと思いますが、

会話に関してはまだまだ課題が見られます。

本書このような苦手意識を克服するのにとても役立ちます。

たった350語?

著者のCozyさんはSex And The City(SATC)のセリフを書き出して

使われている単語を調べたそうです。

その結果、レアな単語を除き、

セリフの80%以上を350語の単語が構成していることがわかりました

ということで、

まずはこの350語をしっかり使えるようになると

単語に関しては自信が持てると思います。

ほとんどが中学校で習う英単語ですが、

中には初めて見るものもあるので注意が必要です。

リスニングとスピーキング、まず初めはどっちから?

次に実際の勉強方法についてです。

今回は会話に必要なリスニングとスピーキングにしぼって取り扱います

勉強の方法が異なるので、同時進行で勉強することが望ましいですが、

もしどちらか一方しか出来ないとすると、スピーキングをオススメします。

その理由は下記
・リスニングに比べて短時間で結果が出やすい
・スピーキングができるとリスニングで聞き取れなくても、聞き返すことができる。
・能動的に勉強しやすいのでモチベーションが保ちやすい

実際に私もこの本の勉強方法とは異なりますが、

2年ほど前にレアジョブというSkype英会話のサービスを利用しました。

目的としてはまさにスピーキング力を補うためでしたが、

3~4ヶ月でかなり会話が楽しくなり

外資系の企業に転職する際の英語面接でも問題なく答えることが出来ました

いきなりSkype英会話はちょっと敷居が高いな、、、、

と感じる方も多いと思います。

本書では噛み砕いて勉強のステップを示してくれているので、

取り組み安いと思います。

もっと早くに読めばよかった!

自分の事として英語を使う

本書で英語を身につけるために絶対に必要な事として下記の2点を挙げています。
1自分が主人公として英語を使う
2自分に向けられた英語を聞く

この2つがないと英語にリアリティがなく、英語を使いこなすことができません。

よく言われる

「聞き流しでは効果がない。」

「TOEIC高得点でも話せない」

というのも英語にリアリティがないためです。

学校の試験や聞き流し教材の

英語はあなたに向けられた英語ではありません。

だから、

答えなくても、理解しなくても困りませんし、

会話が止まることもありません。

しかし、実際の会話では教科書と同じ答えを返すのでなく、

自分の言葉で返事をします。

「How are you?」

に対して、

「Fine thank you. And you?」

だけが答えではないのです。

気分がわるかったら

「Could be better.」

とても調子が良ければ

「I’m awesome.」

と答えるかも知れません。

そのための勉強方法やフレーズなどを多く紹介してくれているので、

読んでいて楽しいですし、すぐに会話に生かすことが出来ます。

リスニングの勉強方法

続いてリスニングについてです。

1体1の会話では聞き返すことが出来ますが、

大勢の人が参加する会議などはそうも行かないと思います。

一般的にリスニングで

ネイティブの言うことを聞き取れるようになるには

1000時間必要と言われています。

1日1時間でも3年かかる、、、

先程のスピーキングとは段違いに長い時間、

じっくりと取り組むことが必要になります。

なぜ聞き取れないのか?

そもそもなぜ英語が聞き取れないのか?

英語が聞き取れないは3つの段階に分けて考えることができます。

1 文法・単語がわからない
2瞬間的な理解が追いつかない
3音が聞き取れない

本書ではこれらの問題を順番に解決するために

DVDを使っての学習方法を紹介しています。

リスニングの習得には長い時間がかかります。

楽しく続けられる勉強方法というのも大切な観点です。

はじめに英語の勉強は継続が難しいと描きました。

これは勉強のモチベーションの維持が難しいことも一因と思います。

勉強が継続出来るように、自分の好きな映画のDVDを選択することをオススメします。

ちなみに私は

「Godzilla」を選びました。

初めは思わず見入ってしまいました笑

まとめ

英語の勉強を難しいと感じる理由に

勉強法がわからない。

効果を感じにくい

と言ったことがあるかと思います。

本書では勉強の順序、取り組み方、

そして自分のレベルがどこかわかりやすく判定できるので、

勉強のモチベーションを保ちやすいです。

これから英語の勉強に取り組む人に是非ともオススメしたい1冊です。

東京漫画読書会とは?

今回は漫画に全く関係ない英語の話でしたが、
普段は漫画読書会を主催しています。
東京漫画読書会は平日の19時半から品川、
休日の10時半から日本橋で開催しております。

好きな漫画を持ち寄って紹介し、その後交換して読む会です。

是非とも一度好きな漫画とともにご参加ください。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・漫画が好きな方
・プレゼン力を磨きたい
・コミュニケーション力を磨きたい
・会社外の人と接する機会が欲しい
・大人数が苦手な人
・面白い漫画が知りたい方

詳しくはコチラ