ファッション童貞卒業のために!服を着るならこんなふうに

漫画紹介

着る服に困った経験はないでしょうか?

私は困り続けてきました!

というか今も困ることがあります笑

今回紹介する

「服を着るならこんなふうに」は、

まさにそんなファッションに疎い男性が主人公です。

主人公がファッションの理論を学び、少しずつオシャレになっていく!

ファッションに興味がない、

苦手だなと感じている人にこそ読んで欲しい漫画です。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・ファッションに自信がない
・女性にモテたい
・いつもなんとなくふくを選んでいる
・学生の頃から着る服が変わらない
・ファッションにお金をかけたくない

あらすじ

オシャレに必要なものはお金?センス?そんなものは必要ありません! 大切なのはコーディネイト理論を理解することだけ。それを紹介する史上初のメンズカジュアルファッションコミックが登場! 全男子必読! !
引用元:amazon.com

主人公の佐藤祐介は仕事はできるがプライベートはパッとせず、

ファッションにも興味がありませんでした。

しかし、小学校からの友人との飲み会で、

久々に会った同級生たちがオシャレになっていることにショックを受け、

一緒に暮らしているファッションが趣味に妹:環の教えでファッションを楽しむようになる話です。

ファッションの理論とは?

そもそもファッションの理論とはなんでしょう?

昔オシャレな友達に、

「どうやったらオシャレになれるか?」

と聞くと

ファッション雑誌いっぱい読めばセンスが磨かれるよ!

といったアドバイスを貰いました。

ファッションは「センス」の問題とのことです。

似たようなことを言われた人は多いのではないでしょうか?

当時の私は CHOKi CHOKi (現在は廃刊)という雑誌を片手に

私にはセンスないから無理やなと思ってました笑

確かにファッションはセンスが重要な部分もあると思いますが、

この漫画では多くの人がオシャレと感じる服の共通点として

ファッションの理論を紹介しています。

例えばファッションの理論のひとつに

ドレスとカジュアルのバランスをとるというものがあります。

ドレス:スーツに近い(テーラードジャケットやスラックス)
カジュアル:部屋着に近い(パーカーやスウェットなど)

例としてアイテム名を挙げましたが、

素材や色などによってもカジュアルとファッションに分類されます。

ドレスに寄り過ぎるとスーツになってしますため、

少しカジュアルな要素も組み込むとバランスが取れます。

逆にカジュアルに偏り過ぎるとと家の中で切る部屋着になってしまいます。

この辺りの説明が漫画だととてもわかりやすく、

次の日に服を買いに行きたくなるくらいイメージが湧きます!

高くなくても大丈夫?

ファッションに手が出しづらい要因のひとつに

服が高価だと感じている人も多いと思います。

10万円位するジャケットを売ってるのを見て、

うまい棒1万本食べれるしそっちの方がいいやって思ってました。

10万円までは行かなくても、普通のシャツが8000円とかして、

貧乏学生の私にはとても手が出せない、、、

ファッションは裕福な人が楽しむもので、

とてもそんな余裕がないと感じていました。

しかし、最近では、

この漫画でも取り上げられるように

GUやユニクロ、無印のように低価格で高品質なブランドが普及してきたこともあり、

以前に比べて服に手を出しやすくなってきたように思います。

昔はユニクロ?、、、とか思っていましたが、

この漫画で紹介されているように、

なぜユニクロのデザインが優れているかが分かると、

安心して着ることができます。

外見よりも中身が大事なのでは?

これめっちゃ思ってました。

結論からいうと、

内面は外見に反映されるので、

外見がちゃんとしていないひとは、内面もちゃんとしていない(人が多い)!

し多くの人はそう判断します。

例えばマッチングアプリでも、

星の数ほどいる異性の中から

限りのある「いいね」をする時、

オシャレな人とそうでない人どちらにしますか?

ちゃんとしたふくを来ている人を選ぶことが多いと思います。

初めてデートした時、

相手が変な服だったらどう思いますか?

しかも一緒に歩いているところを知り合いに見られたらどう思いますか?

場面に適切な服を着ることは相手に対する礼儀にもなると思います。

じぶんの好きな服を着るのはとても素晴らしいことですが、

外出時には一緒にいる人の視点に立ってみると良いかもしれません。

親のセンスは子に影響を与える?

この漫画をを読んでいて、ふと

オシャレな人とそうでない人の違はなんだろう?

という疑問を持ちました。

当たっているかは分かりませんが、

原因のひとつに親がファッションに関心があるか?

も大きいように思います。

この漫画の主人公とわたしの共通点のひとつは

親がファッションに関心がない事です。

私の母親の口癖は

「体はひとつなんだから、そんなに服いらなくない?」

でした笑

少し前に

「フランス人は10着しか服を持たない」

という本が流行りました。

男女差があるかもしれませんが

このタイトルを見て、10着も持ってるの?多っ!

と思うくらいズレた感覚になってしまいました、、、

もちろん当時は服を選ぶなんてことはほとんどせずに、

服を買う機会は年始の福袋くらいでした。

最近は服にも少しずつ興味を持つようになり、選ぶのが楽しくなってきました。

子供の為にも服への関心は持ち続けたいと思います。

まとめ

初めて服を買いに行ったのは、

高校の修学旅行の服を選んだ時です。

当時関西に住んでいた私は、

大阪のアメリカ村(略してアメ村)に

サッカー部のイケメンと一緒に服を買いに行きました。

友達と離れてひとりで服を選んでいた私は

1件目の服屋で店員に言われるがままに

ズボン、ベルト、シャツ、

黄色と赤の派手なブレスレット

そして

金属の輪っかに紐を通した謎のネックレス

の全てを購入してしました笑

その後友達に嘲笑されたことは書くまでもありません笑

それ以来服を買いに行くことがトラウマになりました、、、

ファッションに疎い人は私と似た経験があるかもしれません。

この漫画を読むと具体的なアイテムの選び方がわかるので、

店員に進められたものをそのまま買うという失敗を犯しにくくなります。

ファッションの法則に関する本を読みたい人は、

この漫画のファッション理論担当のMBさんの本もおすすめです。

東京漫画読書会とは?

東京漫画読書会は平日の19時半から品川、休日の10時半から日本橋で開催しております。

好きな漫画を持ち寄って紹介し、その後交換して読む会です。

是非とも一度好きな漫画とともにご参加ください。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・漫画が好きな方
・プレゼン力を磨きたい
・コミュニケーション力を磨きたい
・会社外の人と接する機会が欲しい
・大人数が苦手な人
・面白い漫画が知りたい方

詳しくはコチラ