コードギアス双貌のオズが面白すぎる!

漫画紹介

コードギアス 双貌のオズという漫画をご存知でしょうか?

2007年に放映していた大人気アニメ 「コードギアス反逆のルルーシュ」

2008年には2期「コードギアス反逆のルルーシュR2」、更には

2012年には劇場版の「亡国のアキト」が公開されました。

その後2017年から映画版でリメイクされ、

2019年には完全新作の「コードギアス復活のルルーシュ」が公開予定です。

放映後10年以上たっても根強い人気を誇るコードギアス。

実は漫画でもコードギアスがあることをご存知でしょうか?

コードギアス双貌のオズ

2012年から2016年まで連載され、完結を迎えた全10巻の漫画です。

今回はコードギアス双貌のオズをご紹介したいと思います。

管理人
管理人

こんな人にオススメ
・コードギアスシリーズが好きな人
・コードギアスに詳しくなりたい人
・コードギアスに興味がある人
・ロボット漫画が好きな人

あらすじ

「反逆のルルーシュ」「亡国のアキト」につらなる、新たなる“コードギアス”正史――「双貌のオズ」ついに始動! 対テロ組織「グリンダ騎士団」の活躍を軸に、アニメ第1期後の世界で二人のオズが躍動する――! !
引用元:amazon.com

双貌のオズはアニメ版コードギアスの1期ブラックリベリオンのあとの話です。

ゼロと黒の騎士団が起こしたブリタニアへの反抗:ブラックリベリオン後、

ブリタニア統治国で反ブリタニアのテロ活動が増加。

テロにより家族を失ったブリタニア第88皇女マリーベル・メル・ブリタニアは

対テロ部隊「グリンダ騎士団」を発足します。

マリーベルの幼馴染であるオルドリン・ジウォンは

グリンダ騎士団の筆頭騎士でマリーベルへの忠誠を誓っています。

一方、生き別れたオルドリンの双子の兄であるオルフェウス・ジヴォンは

テロを派遣する「ピースマーク」でブリタニアの支配に抗います。

立場の異なる二人のオズは戦いを通じて何度も衝突し、

お互いの信念をぶつけ合います。

民衆を守るためにテロを鎮圧するグリンダ騎士団。

しかし、テロを起こすのもまた、守るべき民衆という矛盾にさいなまれることも、、、

戦いを通して守るべきものは何か?

様々な戦いや葛藤を経てその答えを見出します。

アニメ「コードギアス」との関係

アニメのコードギアスは主にルルーシュやスザク、

黒の騎士団メンバーの視点で物語が展開されます。

双貌のオズでは異なる視点から同じ出来事が描かれるところが見所です。

ルルーシュの起こしたテロの世界的な影響、

そしてそれに対抗するためのブリタニアの動向など

より深くコードギアスの世界を楽しめると思います。

ナイトメアフレーム

コードギアスといえば外せないのが、

登場人物が操縦するロボット:ナイトメアフレーム(KMF)です。

主人公のオルドリンのKMFはランスロット・グレイル!

アニメのコードギアスで大活躍したランスロットがモデルです。

スザクのランスロットはエリア11(日本)で圧倒的な戦績を上げたため、

量産化計画が持ち上がります。

その前段階の機体として開発されたのがランスロット・グレイルです。

このランスロット・グレイルは元のランスロットにない特徴があります。

それは、、、、

合・体・機・能!

ほかのKMFと合体することで、さらに性能を引き上げることが出来ます。

ブラッドフォードと合体して飛行が可能になったり、

ゼットランドと合体してメガハドロンランチャーが使えたりと

個人で強くなるというより、仲間と協力して戦うスタイルです。

ブラッドフォードはR2で登場する可変飛行型KMFトリスタンのもとになった機体です。

この開発が進んだことと、飛行型KMFを用いた部隊の必要性が高まったことが、

R2から飛行型のKMFが増えたことにも繋がっています。

ちなみにランスロット・グレイルはこんな感じです。

グリンダ騎士団のイメージカラーが赤なので真紅の装いです。

ほかにも、ガウェインに似通った黒のKMFアグラヴェインなど、

アニメのコードギアスに関係があるKMFが多く登場します。

登場人物

アニメ版の登場人物もでてきます。

メインの登場人物のマリーベルが皇族とのこともあり、

同じく皇族のシュナイゼルやオデュッセウス、カリーヌもよく登場します。

アニメではルルーシュの即位のシーンなど出番が少なかったですが、

本作では人柄がわかるシーンもちらほら。

またラウンズだと、

ナイトオブナインのノネットは

グリンダ騎士団のになるなど特に出番が多かったです。

シュナイゼルの騎士のカノンと幼馴染で、

コーネリアの軍学校での先輩とのことで後半には活躍の場が多く、

R2の東京決戦でもグリンダ騎士団はナナリーの脱出を助けるなどの活躍をしています。

もちろんルルーシュも登場します。

マリーベルはルルーシュと歳が近いこともあり、

幼い頃から親交があったようです。

そしてアニメ版の最終話の「ゼロレクイエム」

日本ではブリタニアに反逆した黒の騎士団の処刑パレードが行われる頃、

マリーベルはスペインで天空要塞ダモクレスを守護します。

ギアス

双貌のオズでも多くのギアスユーザーが登場します。

服従させる、記憶を消す、心を読む、時を止める、

本作品の主人公の一人オルフェウス・ジウォンも

かつてギアス嚮団に身を売られ実験されたため「変身」のギアスが使えます。

そしてギアスといえば、その効果を打ち消すことが出来る、

ギアスキャンセラーを有するオレンジことジェレミアさんも登場します。

ギアスキャンセラーにより自分の記憶を取り戻すことが

物語のターニングポイントになります。

ギアス嚮団関係ではルルーシュの妹役(アニメではロロ)が、

もともとは女性だったという話も出てきます。

この辺りはアニメ版が好きな人もおおいに楽しめるのではないでしょうか?

騎士という生き方

本作品ではオルドリンが自分の生き方を見つけていくというのが

主題のひとつになっています。

マリーベルの剣として戦うという信念で騎士になったオルドリンでしたが

マリーベルは民衆を守ることよりもテロの撲滅を重視し、葛藤を感じます。

自分の戦う理由はこれでよいのか?

しかし、自分の大切な人を見捨てたくない。

シュナイゼルの騎士カレンは主に仕え続けることを是としますが、

オルドリンはまた違う生き方を選びます。

自分の力を本当に必要としているのは誰か?

自分に向けられた願いは何か?

筆頭騎士、学生、テロリストと様々な立場を経て、

視野が広がったことにより、

自分が納得いく答えを出していく。

主人公の成長を応援したくなる漫画です。

まとめ

コードギアス双貌のオズは10巻で完結します。

登場人物やKMF、そして世界観など

アニメ版の補完というだけでなく、

独自のストーリーですっきりまとまっているので、

非常に読みごたえがある作品でした。

戦闘シーンはアニメの躍動感がないのが残念なくらい丁寧に描かれています。

コードギアス好きな人にはお勧めの作品です。

東京漫画読書会とは?

東京漫画読書会は平日の19時半から品川、休日の10時半から日本橋で開催しております。

好きな漫画を持ち寄って紹介し、その後交換して読む会です。

是非とも一度好きな漫画とともにご参加ください。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・漫画が好きな方
・プレゼン力を磨きたい
・コミュニケーション力を磨きたい
・会社外の人と接する機会が欲しい
・大人数が苦手な人
・面白い漫画が知りたい方

詳しくはコチラ