漫画読書会で得られるもの ①傾聴力

漫画読書会について

漫画読書会で得られるもの。

一つ目は傾聴力についてご紹介いたします。

コミュニケーションにおいて相手の話をしっかりきくことは重要と言われますが、

ただ「聞くだけ」と「傾聴」は何が異なるのでしょう?

傾聴力とは?

ただ単に相手の話を聞くだけでは傾聴しているとは言えません。

「聞く」というと受け身な動作に思えますが、

その目的は相手を理解することにあります

コミュニケーションは相手を理解することから始まります。

傾聴力を身に着けることで、相手の話をさらに引き出すことができます。

話を聞くだけでなく、

「聞く」という行動を通して相手に働きかける力が傾聴力です。

例えば、よくセミナーは講演者と参加者がいて、

参加者は受け身な存在になりがちですが、

実際は話を聞く側も重要な役割を果たします。

実際に話す側の立場になるとよくわかりますが、

真剣に聞いてくれ、リアクションがよい参加者だと、

話す側もいろんなことを話したくなります。

そうすると参加者にとっても、同じセミナーですが得ることを増やすことが出来ます。

私も仕事でセミナーを行うことがありますが、

参加者の方がリアクションしてくれるととても話しやすいし、

あいてのリアクションから理解度を測り補足説明も加えることが出来ます。

もちろんプロですから、

どんな相手にもある全力でお話しますが、

人間なので、聞く側の影響でパフォーマンスが変化します。

「なるほど!」「難しい!」「すごい!」

といった感情を表情に出すと話やすいです。

大人数のセミナーですら参加者の反応が講演者に影響を与えますので、

少人数ではなおさら聞く側の態度が重要となります。

少人数での会話では、話し手を遮らないように注意しながら

適度に相槌や質問をは挟むと良いです

また、少しテクニック的な話になりますが、

相手を肯定するというのも重要なポイントです。

話を聞いていて、「少し違うな」と思うことがあっても、

否定せずに最後まで聞いてみます。

そうすると

そもそも自分の勘違いだったこともありますし、

相手とは異なる意見を伝えるときも。

話を理解しているので受け入れてもらいやすいです。

また、傾聴力がある事で相手の話を引きだせるだけでなく、

信頼関係も築きやすいです。

どんなに正しいことを話しても、信頼関係がなければ全く相手に届きません。

相手に対して伝えたいことがある時こそ、相手の話に耳を傾けることが重要です。

コミュニケーションの根底には相手との信頼関係があり、

傾聴とは相手を理解することで、信頼関係を築く、

コミュニケーションの始めのステップにあたります

傾聴力を高めるポイント

傾聴力を高めるポイントを二つご紹介したいと思います。

①会話の目的を考える。

傾聴というと真剣に相手の話を聞くことが重要だと考えられますが、

その前にひとつ抑えておかないといけないことがあります。

それは相手がなんのために話しているか?

すなわち会話の目的を押さえておく必要があります。

人が話す目的は大きく分けて2つあります。

ひとつは「共感」するため、

もうひとつは「問題を解決」するためです。

よく男女の会話のテクニックで語られることが多いですが、

傾向として、男性は会話を「問題解決」の手段として使うことが多く、

女性は「共感」の手段として使うことが多いです。

ここを押さえておかないと、

知らず知らずのうちに相手の気分を害してしまうことがあります。

例えば

「シュークリーム食べたいなぁ!」

と言われたときに

「共感」を重視すると、

「あのお店のシュークリームおいしいよね!」

となりますし、

問題解決だと

「シュークリーム食べた分ランニングしたら、問題なく食べれるよ!」

とか、とんでもないことを言ってしまいます。

これらは会話の内容だけでは判断するのが難しいこともありますが、

あいての気持ちを慮ることである程度想像することができます。

また、会話の意図を考えることで、

あいてのポジショントークも見抜くことができるので、

騙されたり、搾取されることも少なくなります。

②メモをとる

話を聞くときにメモを取ることは非常に好印象です。

また、メモを取ることで聞いたことを忘れにくくなるので、

会話が終わった後も会話を思い出しやすいです。

Evernoteなどを用いてメモを取ることで、

どこでもメモを取り出すことが出来るので利便性が増します。

③相手の立場に立って話を聞く

これは前述の「会話の意図を考える」と似ている部分もありますが、

話を漠然と聞くのでなく、

自分が相手の立場ならどうするか?を考えながら話を聞きます。

こうすると相手の話が自分事になるので、

理解が深まりますし、相手が気づいていない視点で質問を投げかけることが出来ます。

話を聞くのが苦手。もしくは集中できないときは、

相手の話を聞くのでなく、自分が話すことを考えているということもあります。

自分の考えを整理するのは大切ですが、相手の話を聞けないのでは本末転倒です。

そのようなときは前述した通り、

メモを取りながら会話をすることで会話に集中できます。

まとめ

漫画読書会で得ることが出来るメリットとして「傾聴力」についてご紹介しました。

傾聴力は聞くことを通して相手に影響を与えることが出来る能力で、

その本質はあいてが何を望むかを正確に読み取る能力にあります。

ですので傾聴力を鍛えるには、相手の会話の意図や本当に望むものは何か?

を問い続ける必要があります。

漫画読書会では初対面の人と、

「漫画」という媒体を通して会話を広げることで、

コミュニケーション力を鍛えることができます。

東京漫画読書会とは?

東京漫画読書会は平日の19時半から品川、休日の10時半から日本橋で開催しております。

好きな漫画を持ち寄って紹介し、その後交換して読む会です。

是非とも一度好きな漫画とともにご参加ください。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・漫画が好きな方
・プレゼン力を磨きたい
・コミュニケーション力を磨きたい
・会社外の人と接する機会が欲しい
・大人数が苦手な人
・面白い漫画が知りたい方

詳しくはコチラ