漫画読書会で得られるもの ③説明力

漫画読書会について
今回は3つめの「説明能力」についてご紹介致します。
説明力はその名の通り、相手に何かを説明する能力です。
自分の考えや、感情を相手に伝える。
コミュニケーションの中でも重視されがちな能力です。
これまで紹介してきた「傾聴力」「質問力」に比べ、
わかりやすい能力ですが、傾聴力や質問力がないと効果的に活かすことはできません。
今回説明力について見ていきたいと思います。
管理人
管理人
こんな人にオススメ
・人と関わる機会が多い人
・転職を考えている人
・人前で発表するのが苦手な人

説明能力があるメリット

説明力とは物事をわかりやすく伝え、行動を促す能力です。

伝えて終わり。

でなく、伝える目的=行動 までつなげることが大切です。

説明力の具体的なメリットを下記に示します。

・行き違いや喧嘩が減る
・自分に協力してくれる人が増えやすい
・説明する事柄への理解が深まる
・転職やキャリアアップにも有利

順番に見ていきたいと思います。

1.説明力があると誤解が生じにくい

喧嘩や行き違いの一因は相手に誤解されることです。

誤解は相手に適切な説明がされていないことが原因で発生します。

相手の感情や立場を読み取って、

適切な説明ができるようになると誤解されることも減ります。

説明と聞く論理的な側面を想像しがちですが、

ポイントは相手の感情にも気を配ることです。

感情を無視するといくら正しいことを話しても1ミリも伝わりません。

話す内容だけでなく、相手が受け入れてくれやすいタイミングや話し方も重要です。

2.説明力があると、相手に重要性が伝わりやすい

人が協力したくなるのは、取り組んでいることが重要だと認識した時です。

重要さを認識してもらうにはその背景や将来の見通しなど、

表面的な情報だけではわからないことについても説明する必要があります。

このときにポイントとなるのが「一貫性」です。

「重要さを伝える」となると、

その事柄が誰から見ても重要である必要があると思われがちですが、

実際には必ずしもそうだとは限りません。

他の人からみたら、重要でなくても、

その人にとって重要なこともあります。

そのような場合、理屈での説明だけでは。

うまくいかない場合もあります。

そこで重要となるのが、あなたの行動に一貫性があるかです。

いくら口で「ダイエットしてます!」といっても

晩御飯が約肉食べ放題では全然一貫性がありません。

逆に行動に一貫性があれば多少理屈が伝わらなくとも、

協力してくれることがあります。

一貫性がある人は信頼できます。

人間ならば「理屈は正しいけど、なぜか協力したくない」

と思おうこともあると思います。

まさにその逆のことも起こり得るのです。

3.説明力があると、話す内容への理解が深まる

説明する時は100倍の知識をもつとうまくいく。

昔、塾で働いているときに言われたことがあります。

説明するときは、説明することがらについて、熟知していないと話しにくいです。

自分の理解度によって聞き手の得る情報が異なってくるので、

説明することが多いほど、その事柄への理解を深める必要があります。

このメリットは非常に大きいです。

まず、アウトプットを意識しながらインプットすることで理解が深まります。

そして説明の方法を聞き手に合わせて変えるため、

様々な視点から物事の本質を捉える力も身につきます。

自らを高めたい人ほど、ほかの人を教える立場に立てばよいのです。

4.説明力があると転職で自分自信を伝えやすい

転職やキャリアアップでは自分の価値を会社に認識してもらうことが必要です。

いくら自分で自分を優れた人間だと思っていても、

それがほかの人に伝わらなければ、正当な評価を受けるのは難しいです。

そして起こりやすいのが、面接において自分を過大評価して伝えたことで、

入社後にギャップが生じることです。

こうなると評価が下がってしまい、会社にも居づらいです。

転職の際は受け入れ先としっかり話し合うことで、

受け入れ先の期待値をコントロールする必要があります。

客観的な自己認識と、的確な説明能力によってギャップを抑えることができます。

これらは社内ばかりに閉じこもらず、社外の人と関わり、

自分の価値を高め続けることで身につきやすくなります。

説明力を伸ばすコツは?

説明の目的は相手に行動を促すことにあります。

そもそも話を聞いてくれないと行動は起こらないですし、

話を聞いても、不明な点が多く、理解が浅いと行動まで至りません。

説明力を伸ばすには

相手に聞いてもらう、相手の理解を促すといった工夫が必要です。

1.相手にとって身近な具体例

聞き手を理解することで説明の切り口が変わります。

話題についてにどれくらい詳しいか、興味はどれくらいあるか。

聞き手の状態で説明の丁寧さや視点が変わります。

これは一人に対して話すときだけでなく、

集団に向かって話をする時も同じです。

特定の人をイメージしながら、具体的な例を挙げることが大切です。

説明が抽象的すぎると、聞き手は距離を感じて耳をふさいでしまいます。

一方でそれが全員に当てはまることでないと心にとどめながら話します

「~という経験をされた方もいるかもしれません。」とか

「~というポイントを重視すると改善することが多いです。」

といった言い回しが良いかと思います。

聞き手は自分に関係がある話ほど、興味を持って聞いてくれます。

2.たとえ話をうまくつかう

説明力がある人は抜群にたとえ話がうまいです。

話題について親しみが無い人に話をするときには、

分かりやすくたとえ話を交えるとわかりやすいです。

たとえ話は相手がすでに知っていることに関連付けて、

新しい情報を伝えることができるます。

昔、学習塾で働いているとき、

中学生に「光合成」を「工場」に例えて説明しました。

製品→でんぷん、原料→二酸化炭素、水、工場→葉緑体

のような感じで話しました。

大人ならいざ知らず、中学生にとっては葉っぱの中で、

複雑なことが行われているのはイメージしにくいですが、

見たことがある工場に例えるとよく理解してくれました。

仕事で説明するときは、相手が理解して終わりでなく、

理解して行動に移してもらうまでを考えなければいけません。

実際に行動に移したときに「どうしたらいいかわからない」では

だれも実行に移しません。

聞き手がすでに理解していることを利用するたとえ話は理解を早めます。

3.根拠を示しながら話す

説明中に聞き手が疑問を持つと理解度が下がります。

疑問を解消して安心しながら聞いてもらうには

根拠を示すことが必要です。

根拠のない話は、独善的で偏った印象を与えます。

根拠を示すときは、その根拠が信頼に足るものかを示す必要があります。

聞き手の立場ですは根拠がしっかりしているかが重要な判断ポイントになります。

話の根拠を追求することは非常にめんどくさいですが、

大変勉強になります。

すべて完璧に話すのは難しい部分もありますが、

重要なポイントは根拠も押さえる必要もあります。

まとめ

今回は漫画読書会で得られるものとして、

「傾聴力」「質問力」「説明力」の3つを紹介してきました。

効果的に説明をするには傾聴や質問を通して相手への理解を深める必要があります。

誰一人として、同じ人がいないので、説明の方法も十人十色です。

また、説明力は人に何かを伝える能力ですが、

理解していないことを伝えることはできません。

聞き手への理解と話す事柄への理解。

説明力を磨くにはこの二つが必須です。

東京漫画読書会とは?

東京漫画読書会は平日の19時半から品川、休日の10時半から日本橋で開催しております。

好きな漫画を持ち寄って紹介し、その後交換して読む会です。

是非とも一度好きな漫画とともにご参加ください。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・漫画が好きな方
・プレゼン力を磨きたい
・コミュニケーション力を磨きたい
・会社外の人と接する機会が欲しい
・大人数が苦手な人
・面白い漫画が知りたい方

詳しくはコチラ