漫画読書会開催報告2019年7月1日

漫画読書会 開催報告

2019年7月1日に品川にて東京漫画読書会を開催しました。

漫画読書会にご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

今回は下記の漫画を紹介していただきました。

玲瓏館は健在なりや 冨明 仁 

閉館までの1年間、僕たちが暮らした巨大な“宮殿”。名門・杜若(かきつばた)家の西洋館「玲瓏館(れいろうかん)」は、現在では学生寮として一般に開放されている。広大な敷地、美しい庭、快適なサロン。ここは贅を尽くして建てられた“宮殿”であった。経済的な事情から閉館やむなく、残された学生たちは最期の1年間を、争い、笑い合いながら過ごしていく。男女12人のストーリー。
引用:Amazon.com

・めぞん一刻に似ている 

・昔に華族が住んでいた建物を、学生寮として使っている 

・寮の日常が描かれる 

・登場人物の表情が豊かなので、感情移入しやすい 

・一緒に生活している気分になれる 

・実は登場人物でなく、玲瓏館がテーマ? 

・閉館が決まっている玲瓏館 

・歴史ある建物としての玲瓏館の価値か、それとも人が住んでこそ価値がある? 

・変化する世の中で文化として取り残されてしまうのか? 

・2巻完結 

ふたつのスピカ 柳沼行 

 

西暦2010年、日本初の有人宇宙探査ロケット「獅子号」は市街地に墜落して多くの死傷者をだす惨事となった。事故で母親を失った少女「アスミ」は事故機のパイロットの幽霊「ライオンさん」と出会い、宇宙飛行士を目指すようになった。
引用:Amazon.com

・鴨川あすみが宇宙学校で宇宙飛行士を目指す話 

・幼い頃、有人ロケット獅子号の事故で親を失ったあすみ 

・元ロケット技師の父と2人で暮らしていた 

・東京にある宇宙学校を父親に黙って受験したあすみ 

・そのことを知り怒る父、なぜ?? 

・1話目から泣ける 

東京漫画読書会とは?

東京漫画読書会は平日の19時半から品川で開催しております。

好きな漫画を持ち寄って紹介し、その後交換して読む会です。

是非とも好きな漫画とともにご参加ください。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・漫画が好きな方
・プレゼン力を磨きたい
・コミュニケーション力を磨きたい
・会社外の人と接する機会が欲しい
・大人数が苦手な人
・面白い漫画が知りたい方

詳しくはコチラ