漫画読書会開催報告2019年8月12日

漫画読書会 開催報告

2019年8月12日に日本橋にて東京漫画読書会を開催しました!

漫画読書会にご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

今回は下記の漫画を紹介していただきました。

不滅のあなたへ 1巻 大今良時

何者かによって
”球”がこの地上に投げ入れられた。
情報を収集するために機能し、
姿をあらゆるものに変化させられる
その球体は死さえも超越する。
ある日、少年と出会い、そして別れる。
光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ……
刺激に満ちたこの世界を彷徨う
永遠の旅が始まった。
これは自分を獲得していく物語。
引用元:amazon.com

・SFチックな話のテイスト

・手塚治虫の「火の鳥」に似ている部分もあり、輪廻天生の考え方を反映している

・主人公は初め 白い丸い石。それが刺激を受けるとその生き物になれる。

・初めは飢えた狼になり、そこから飼い主へと姿を変える。生き物が死ぬと姿や能力を得られる。

・主要なキャラが出てくると、死亡フラグを感じる。

・なぜ産み落とされたか?

ペットの声が聞こえたら オノユウリ/塩田妙玄

HONKOWA」誌上で連載開始直後から反響多数!
ペットの声が聞こえる不思議な力を持つ女性僧侶の妙玄。
猫や犬が最期の瞬間を迎えるときの気持ちや思いを教えてくれる。
号泣必至の実話不思議コミックエッセイ!!
引用元:amazon.com

・原作者の塩田妙玄さんは僧侶。もともとドッグライターをしており、長年連れ添ったシベリアンハスキーの死をきっかけにカウンセラーになった。

・動物の世話をする施設の手伝いもしている。

・なくなったペットの声が聞こえる僧侶が、ペットの最後の言葉を飼い主に伝える。

・ペットロスの経験がある人にもオススメ。

・ペットがどんな声をかけて欲しいか、考えるきっかけになる。

はたらく細胞BLACK 1巻 初嘉屋 一生/原田 重光

毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、新米赤血球。しかし彼の職場(世界)の労働環境は、徹底的にブラック――!! 飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足……不健康の総合商社のような世界で、過重労働の末に細胞たちは何を思うのか? これは、あなたの体の物語――。
引用元:amazon.com

・はたらく細胞では健康な人の中の様子を描いている。

・BLACKで超絶不健康な人の体の中を描く。

・健康の大切さを啓蒙活動している。

・今は健康でも、歳をとるとどんどんこんな感じになってくる。

こちら以前紹介しました。

あなたの体は大丈夫?働く細胞BLACK

砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない 桜庭一樹 杉基イクラ

・原作は桜庭一樹さんの小説、杉基イクラさんの漫画は全て読んだ。

・子供の無力さに焦点を当てている。

・現実世界に対してなんの効果もない、砂糖菓子のような言葉や嘘

・それに頼らなければいけないほどの無力。

・自分は不幸だと思っていたのに、それ以上に不幸な友人、、、

東京漫画読書会とは?

東京漫画読書会は土曜日の10時半から日本橋駅付近のカフェで開催しております。

好きな漫画を持ち寄って紹介し、その後交換して読む会です。

漫画について楽しく語れる会ですので、

是非とも好きな漫画とともにご参加ください。

管理人
管理人

こんな人におすすめ
・漫画が好きな方
・プレゼン力を磨きたい
・コミュニケーション力を磨きたい
・会社外の人と接する機会が欲しい
・大人数が苦手な人
・面白い漫画が知りたい方

詳しくはコチラ